古街道研究家 みやた たろうが、実施した主な最近の執筆した雑誌や情報誌の古街道特集をご紹介します。



■「たまらび悠」(たましん・多摩らいふ倶楽部会雑誌)の最新号(2020年10月号)に「御殿峠古道」と「絹の道」の話が掲載されました。

八王子日本遺産は、ダイナミックな歴史古街道に記憶された素晴らしきストーリーを再生させることで、広範囲な地域間をつなぐことを可能にする!!

小田原北条氏の「滝山城と小田原城を結ぶ軍事大街道」であり、武田信玄が2万の大軍勢で通過した戦国時代の大幹線道路「御殿峠古道(ごてんとうげこどう)」。

関東最大級の中世幹線道路遺跡は、今も町田市と八王子市の境目に現存している!!――

 

国道16号の原型にあたるこの街道の痕跡が、八王子市のJR片倉駅の南側の峠付近で、町田市の相原地区に属する森の中に約1.5キロMに渡って奇跡的にその雄姿を遺し留めていることを知る人は今やほとんどいない。

 

それは明治18年から30年頃の間に新道(旧小田原道)ができて古道が寸断され、廃道となって人々の記憶から忘れ去られてきたことの上に、現代では、目新しいものばかりに関心が集まり、地方の歴史価値を知る機会が大きく喪失してきたからなのかも知れない。


初めて「古道の研究会=古街道帥人会」で御殿峠古道を取り上げたのは1987年頃だったが、以来、主宰する複数の研究会活動で50回以上の現地探索会を実施してきたことになる。当時すでに無名の城砦跡を頂上付近で確認し、また4回以上の変遷を経た峠越の道がさらに複線構造をもって関東最大級の古街道(掘割状道路跡の最大幅は12Mもある!)となっていることが判明しているのだが、保存や活用など、それを進める術も見つからないままになっている。 
以来年々増加する乱開発に少しずつ削られながらも、何とかその根幹たる姿を留め遺してきた御殿峠古道。平安時代の古代窯跡群の工人たちが往来する古い地方道に始まり、鎌倉街道の一つとなり、戦国時代の政治・軍事の主幹線となり、生糸が横浜に運ばれる生糸街道となり、武相困民党も終結した当時のままの様相でパックされているのだ。


この奇跡の古街道跡は、いま、ようやく日本遺産に認定された八王子を応援する様々な分野のエキスパートが集まるチームによって再び探索され機会を得ることができた。
この機会をきっかけに、「多摩丘陵の12古街道」の一つとして、八王子市と町田市の自治体と市民が中心となってこの歴史遺産の存在意義を認識し連携して未来へ遺し伝えることができたならどんなに意義深いことだろう。それは、今まさにラストチャンスが身近に迫っているからこその願いなのである。   

(歴史古街道研究家 宮田太郎)2020年10月5日

 

■歯医者さんの月間専門雑誌 「DENTAL DIAMOND」2019年12月号  テーマ:『歯が語る“古代の物語”』を寄稿しました。

 【記事概要】 

2012年の秋、群馬県渋川市金井裏地区の遺跡から発見された1500年前(古墳時代後期)の榛名山噴火の火砕流に巻き込まれて犠牲になった一家4人の家族。遺されたその中の夫婦の骨の特徴から、父は弥生系で母は縄文系の特徴が見られた(濃尾平野系と諏訪地方系?)。

また歯の中に微量に含まれるストロンチウムの分析から、彼らが幼少期に育った場所は天竜川流域の伊那谷地方で、花崗岩質の成分が濃い水を飲んで育った可能性があることだった。その他の様々なデータから見えて来たストーリーは、彼らは子供時代に南信州の伊那谷で馬牧を管理しながら暮らしていたが、現在の群馬県の榛名山麓に移住し、小さな国(クニ)の様な集団の若きリーダー(王か)になっていった。しかし日に日に噴火が始まり、遂に周りの者がみな避難した後に甲冑を身に付けて最後までムラに居残り、怒る山の神に祈り続けた。そして火砕流に巻き込まれた――というドラマも見えてきたのだった。

――NHK番組でも取りあげられた古墳時代人のストーリーと、「歯」の分析からさらに広がっていくロマンストーリーを、歯医者さんに向けて紹介しました。

 

2019年2月14日  週刊新潮最新号に小さな記事ですが僕の想いをまとめました。

【記事概要】
 
 これまでの自己の古街道の研究で、「暮らしの場にある昔からの道」こそが、積み重なる 先人たちの英知と努力と地域を愛して来た想いの物語が積もった「価値あるレコードライン」である ことに気がついた。
 
 現代人たちが埋もれた地域の宝を発見し活用することの価値に目覚めるならば、 先ずは現地のまちと道を歩くことだ!――そのための活動を応援して下さる企業・団体・個人・自治 体のみなさん、どうぞ賛同の声をお寄せ下さい。

 

 


■NECフィールディング社発行「ふぃーるでぃんぐ No.139」(2018年3月22日発行)「街道を歩く・特集」を執筆しました。

【記事概要】

 

 飛鳥地方の奥明日香古道、中世の鎌倉街道、甲州街道、北海道の道南十二館の道・江差街道、東北地方のエミシ古道、箱根の平安鎌倉古道、日本武尊の道・古東山道、若狭・鯖街道、須磨・平家ゆかりの山陽道、九州津屋崎古墳群の道など、全国の「みやたたろうのおススメ古道」から厳選して写真と解説で紹介。


■『旅の手帖』2015年6月号『古道特集』を執筆しました。

 

「古道の魅力と用語解説」「首都圏日帰り編(房総・古代安房国、町田・相原七国峠古道、逗子・ヤマトタケル道、熱海古道」「東京の古道編(鎌倉街道、古代東海道、家康の道」、「遠方挑戦編(九州宗像、山陰・萩、東北アテルイの砦、出雲国造の道)」などについて執筆。歴史ロマンいっぱいのコース満載。しかも訪ね易い場所ばかりを10ページにわたって様々に紹介。

   
発行:交通新聞社 
http://www.kotsu.co.jp/magazine/tabi/